*

クレジットカードのショッピング枠を換金する場合の安全性等について

多くのカード会社は、ショッピング枠を換金するクレジットカード現金化を禁止しています。

ショッピング枠で購入した商品は、支払いが完了するまでカード会社に所有権があります。

転売が発覚すると、カード利用停止や強制退会となる場合もあります。

現金化業者に依頼して現金化を行う場合は、カード利用停止などのリスクが低いです。

現金化業者を依頼すると、手数料が引かれて最終的な換元率は70~80%程度になります。

優良業者も存在しますが、中には悪徳業者も多少なりとも存在します。

換元率が95%を超える企業などは何か理由があると疑った方が良いです。

そして、電話での問い合わせへの対応が悪い業者にも注意が必要です。

一方で、自分で現金化を行う場合には悪徳業者に当たらないという点で安全性が保たれます。

自分でネット通販や実店舗で商品を購入して、ネットオークションや買取店で売って現金を得るという方法です。

電車の回数券や商品券や最新の電化製品やゲーム機などは買取金額が高くなることが少なくありません。

人気の商品券であれば、額面の95%以上の価格で買い取られる場合もあります。

また、入手困難なゲーム機類も買取価格が高くなります。

可能な限り還金率を高くするためには、常に最新の買取情報を把握する必要があります。

ただし、換元率の高い商品をまとめ買いすると、カード会社に転売の疑いをかけられるので注意が必要です。

カード会社への支払いが完了した後であれば、売りに出しても問題がありません。

現金化業者に依頼した場合は通常40分くらいあれば振り込みまで完了します。

ホームページに最短5分で振り込み!などと記載している業者は集客の為にウソの記載をしているので要注意です。

口コミの評価などが高い業者:ネオギフトの評判はこちら

 

タグ :


コメントする